間を挟む

将来に備えて、マンションやアパートなどの集合住宅を購入し、将来は不労所得で生活する。
老後の人生が不安で、定年を迎えるまでにお金を貯める。そのお金で、不労所得へのプランを計画している。といった方が、現代では数多く見受けられます。
それもそのはず。ここ最近、年金の支給年齢の引き上げの動きが各地で少しずつ見受けられているのですから・・・。
とある地域では、既に年金の支給年齢の引き上げが行われている地域もあるとのこと。年金の支給年齢というのは、一般企業で定年を迎える歳である、60歳から。
定年を迎えて退職すれば、言わずとも収入が無くなります。ですが、その収入がゼロとなる部分を年金で補うのが、我が国日本の在り方です。
もし、仮に支給年齢の引き上げが65歳まで行われてしまった場合、60歳からの5年間はどうするのか。考えるだけでも、怖い未来です。

この未来に備えて、「サブリース」を行い、不労所得を得るのは賢明な選択肢だと言えます。
サブリースというのは、賃貸住宅の借り上げサービスのこと。所有している物件を、不動産会社代わりに借り上げ、入居者の管理を行ってくれるのです。
私は今現在、このサブリースを「社宅向け」に行っている最中です。
社宅として賃貸すれば、安定して入居者が臨めます。特に、従業員が多い企業向けに社宅としてサブリースをすれば、不労所得生活は確実ですからね。

但し、社宅をサブリースする際は、一点注意点が必要。その注意点は、経理問題です。
経理代行サービスを利用し、経理代行のプロの仕事に任せれば、ミスはゼロに。また、経理代行サービスを利用する事により、不必要なコストも削減出来ます。
社宅向けのサブリースは、経理代行も併せて。これが出来れば、不労所得も夢では無いでしょう。

関連リンク

経理への転職ならこちらで探してください!|人材ドラフト

Calendar
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031